過払い金請求も債務整理なの?

  • 自分にとって最適な債務整理の手続きをするのが良い

    • 借金額が大きくなってしまったときには、負担を軽くすることが大変になります。



      多額の借金によって苦しんでいるときには、法律を使用して解決できる手段として債務整理というものがあります。



      債務整理には自己破産や任意整理などの手段がありますが、利息制限法で定められている利率よりも高い金利で借り入れを行っていたときに、貸金業者に対して返還請求を行う手続きも債務整理に該当します。



      債務整理というと自己破産のイメージが強いことも考えられますが、自己破産は借金の支払い義務を帳消しにしてもらう代わりに持っている財産のほとんどを処分しなければなりません。
      生活を継続していくためには、財産を保有したまま借金問題を解決したい人も多いと言えます。



      財産を失うリスクのある自己破産ではなくて、財産を保持した状態で行える債務整理の手続きとして任意整理があります。
      任意整理であれば、払いすぎている利息分の再計算を行って借金額から差し引いてもらったり、利息をカットすることによって3年ほどの期間で分割返済が行えるように和解交渉を行なう手続きとなります。借金問題を解決するための手段はいくつかありますので、法律の専門家である弁護士に相談することでスムーズに手続きを進めることができます。



      また、自分の抱えている借金の状態によって、どの手続きを行うことが最適であるかのアドバイスを受けることが可能です。

      それぞれの手続きごとのメリットやデメリットを把握した上で、最も良い手段を行うことが借金問題を解決するために大切なことになります。



  • 関連リンク