過払い金請求も債務整理なの?

  • 債務整理のメリット・デメリットについて

    • 債務整理は、借金の取り立てに苦しむ人を救う手段です。
      そのメリットは、何と言っても借金のストレスから解放されることにほかなりません。


      弁護士や司法書士に依頼した時点で、債権者が債務者に連絡してこなくなります。



      つまり、電話や手紙、直接訪問されるなどの督促がなくなるというわけです。
      さらに、利息制限法を上回る高金利を支払っていたと発覚すると、過払い金の請求ができることになります。
      それにより、借金総額が減額されることになったり、あるいは借金完済だけではなく、臨時収入が得られるケースもあります。



      では、デメリットのほうですが、「任意整理」「個人再生」「自己破産」などの債務整理を行うとブラックリストに名前が載りることになります。

      最低5年、最高10年間クレジットカードが作れなかったり、さらなる借金ができなくなります。



      また、「個人再生」と「自己破産」に関しては、官報に名前が載る事になります。



      それから、「自己破産」では、マイホームや自家用車など価値ある資産は没収され、一定期間は一部の職業にはつけなくなります。
      また、連帯保証人がいる場合、自己破産後は、その人に請求がいくことになります。債務整理にはメリットとデメリットの両方の面がありますが、かといって借金は放っておけば勝手に解決されるわけではなく、日に日に利息は膨らむ一方です。



      もし、借金の返済に困っているのであれば、1日でも早く専門家に相談する事をお勧めします。



  • 関連リンク